動物の毛皮は手触りが違う

毛皮というのはコートやその他衣類に小物類などにしばし多用されますがフェイクファーと動物から作られたものでは手触りや品質がかなり違います。 まず動物から作られた毛皮は毛全体に潤いがありしっとりとした質感があるのが特徴です。フェイクファーは化学繊維でできているためこうしたしっとりとした質感が出せずどちらかというとベトついた手触りのものが多くなっています。また動物の毛皮は保温性にも優れています、動物の皮膚でできているものですから熱を逃さずに汗のみを外に排出する効果があり通気性も抜群です。しかしながら動物の毛皮は定期的にきちんと手入れをすることが重要になります。まず一年に一回は毛皮専用のシャンプーをつかい全体の汚れを落としてから毛の保湿をするためのリンスを全体になじませ乾燥させることが大事です。こうした手入れを欠かすこと無く行えば動物の毛皮は半永久的に使うことができるのでエコな商品の一つとなっています。