毛皮生産の担い手は国内から海外に移っています

現在は毛皮の海外からの輸入が自由化したため、毛皮の生産先は国内から海外に移っています。海外から格安な品物が移入されるにつれて国内の専用生産農場は自然に淘汰され減少し続けました。 国内において毛皮産業は19世紀後半から20世紀にかけて確立し繁栄しました。最初は野生動物が毛皮目的で狩られていましたが、その数が目に見えて減り始めたため、飼育して生産する方法に切り替わっていきました。毛皮目的の動物の養殖は農家にとって有り難い副収入源にもなり、全国に広まっていきました。19世紀末には海外へ輸出するまでの産業になり、20世紀半ばには国内需要はピークを迎え何度かバブルの様相さえみせました。しかし、20世紀も後半になると海外からの輸入の増加に反比例するかのように国内の産業は衰退していきました。現在専用農場はもはや数件しか存在しません。毛皮の生産の担い手は完全に国内から海外に移行し、もはやこの傾向が変化することはあり得ないでしょう。