毛皮を売る際はお手入れに注意する

毛皮を売る際は日ごろからお手入れに注意をしておくことで、より高く売ることができます。まず、雪や霧雨などが原因で水分が付いてしまったら、皮を持って振ることで水分をきりましょう。その後、タオルやキッチンペーパーで拭き取ってから、自然乾燥をさせましょう。もし、皮まで濡れるほど水分がかかってしまったならば、クリーニング店になるべく早く持って行きましょう。 この他、毛皮に飲み物がこぼれてしまった場合はハンカチやティッシュで水分を取った後に蒸しタオルやおしぼりで汚れを取りましょう。水分が余計に広がってしまったり、皮の部分まで染込むような吹き方はしないことが大切です。また、見た目だけは綺麗になっても糖分が毛皮に残っていると虫食いになってしまうことがあるのでしっかり拭きましょう。 ドライヤーを使って乾かすと皮が固くなって破れやすくなることがあるので気をつけましょう。このように日ごろから使い方に注意することが、高く売るためには大切です。