毛皮の反対運動は事実ではない

動物から毛皮を採取するのに反対している市民団体や活動家などが多くいますがそれらの人々が流している情報には少なからず誤った情報があるのも事実です。 まず毛皮を反対している理由として動物から毛皮のみをとってそれ以外の部位を捨てるということに反感を抱いているというケースがありますが実際には毛皮は食肉として使われる動物の副産物ですから自然から頂いた動物の命を最大限に活用しているのに過ぎません。また反対活動家には原料となる動物を絶命させる際に苦痛を与える方法で絶命させているという主張を持つ人物も少なくありませんが実際には電気ショックなどで一瞬で絶命させるため動物に苦痛を与えることは全くありません。毛皮製品を使う使わないというのは個人の自由ではありますがその製造過程においては最大限に動物に配慮がなされており残った部分も有効に使っているため反対活動家が毛皮について主張している情報については間違いもあるのです。
もう少し毛皮をカンタンに処分できるヒントのあれこれ